一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.01.17 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

60代の職人さんが「わしら、まだまだ若手やからなぁ」といいながら、話をされる。

一人前の職人さんになるには、何年もの歳月がかかるもの。

ですが、西陣織は平均年齢70歳、後継者がいないのも実情です。

どうしてそうなってしまったんだろうか?

昨今の着物離れが原因? 着物が売れないのが原因?

色々と調べて考えました。。。

西陣織と聞いて、とても高いもの。というイメージはあるかと思います。

ですが、作り手である職人の手元に入る報酬は微々たるもの・・・。

長年培った素晴らしい技術を持っている職人さんであっても、月々10万円ちょっとの給与しか貰っていない・・。

機械の設備投資や、力織機であれば電気代もいるというのに、その金額で生活できましょうか・・・。

何かの片手間で出来るような仕事ではありません。

私たちが立ち上げたネットショップを販路として、若手織手の商品を世に送ることも考えています。

若手織手育成プロジェクトは、若い職人さんが生活できる環境づくりも課題であると捉えています。


ごのみ 京都西陣より 若手織手育成







[西陣織] ブログ村キーワード

  • 2016.01.17 Sunday
  • -
  • 18:15
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM